女性

評判のいいランドネットにサポートしてもらおう

賃貸経営の失敗理由

男女

家賃の決め方

賃貸経営をする上でもっとも大きな失敗の理由が需要のない立地に建ててしまうことです。さらに需要がある地域であるのに失敗する場合には家賃設定が考えられます。家賃の決め方はいくつかの方法がありますが、いずれにしても家賃が家賃相場よりも高ければ借りようという人は減りますし、反対に家賃を家賃相場よりも下げると収益率が悪化します。このため家賃相場に沿った適切な家賃とすることが失敗しないためにも重要です。家賃の決め方としては投資した金額に対して、年数を区切って回収できる金額を部屋の数で割ったものが現実的なものです。ただそれは投資としてみた場合のもので採算ラインと呼べるもので、この金額割らない程度に家賃を設定する必要があります。このため周辺の物件から家賃相場を調べるのが一般的です。それら平均的な家賃相場を算出し、提供する賃貸物件の良し悪しをプラスマイナスすることで決めることになります。例えばスーパーなどお店に近い場所や、バス停や駅に近い、駐車場がある場合などはプラスになります。周辺に騒音がする工場がある場合などにはマイナスということです。また入居者を募集するさいには家賃相場から逸脱しない程度の最大限の価格で出しておき、値引き交渉の予知を残しておくこともポイントです。安易に家賃相場よりも安い価格で提示すると値上げが難しくなるため入居者募集では家賃相場の範囲内での募集とするのが失敗しないコツといえます。

Copyright © 2017 評判のいいランドネットにサポートしてもらおう All Rights Reserved.